レンタルサーバー

超初心者のためのレンタルサーバーご紹介

最近インターネットの普及につれて、アフィリエイトをする人が増えています。この不況下ですから尚更です。特にあるアフィリエイト塾に参加したときのことですが、地方の建設業の方が目につきました。公共事業も減少し、景気も一段と悪化し建設事業が激減のようです。
出来る限り早く収入に結びつける為に、また時間を大切にする意味でも、自身の運営スタイルにあったしっかりとしたレンタルサーバーを選びましょう。

レンタルサーバー業者の対応は?

レンタルサーバーを借りる為にはまず、自身の知識や技量を十分考えておくことが大切です。何といっても十分な知識がない人には結構高いハードルとなってしまうことが多いからです。その上で使い方、言い替えると必要な機能・サービスをはっきりさせ、次に費用面を考えると良いでしょう。

業者のサポート力は重要なポイントであまり考えずにレンタルサーバーを借りてしまいがちです。アフィリエイトを進めていく上で、サーバーのトラブルや疑問などの解決のために余分な時間を取られてしまいがちになる為、ここは思わぬ見落とし穴となりますので十分注見極めましょう。

何か聞きたいことや不都合があった時に、レンタルサーバー会社にサポートメールを送っても何日も返事がないというのでは困ります。ですから、出来れば借りる前に実際にサポートにメールを送ってみるといいですね。営業日であれば数時間で回答がある方がいいですね。但し、そのレンタルサーバー会社のQ&Aに載ってるようなことを聞くのはマナー違反ですので十分読んでから疑問点を送るようにしましょう。

電話サポートがあるところは、どの程度の時間で繋がるのかを予め確認してもよいですね。

事業者選定のポイント

当然ですが、レンタルサーバー事業者を選ぶ時にはしっかりと自社の情報公開しているところを選んだ方が良いと思います。最近は法律改正などで会社概要などに代表者氏名、所在地、電話番号まで書いてあるのは事業者として最低限求められています。

この為運営面での情報がき気になるところで、最も重要な情報は障害情報です。サーバーに障害が起きることはマシンですから仕方がありませんが、もし起きたときにどのように利用者に知らせているかが重要です。
特に、どのような理由で、どの程度の時間、どのような範囲に、どのような障害が発生しているのか。また、それをどのように対処したのか等をしっかりと公開しているところを選ぶと良いでしょう。全ての事業者が十分にこうした情報を公開しているのかというと、中にはサーバーがダウンしても利用者に知らせない事業者もいるようです。

また、折角障害情報を公開していてもレンタルサーバに障害が多すぎるのなら、これも考え物ですね(^^;

自社サーバーを提供している事業者か、或いは再販事業者なのか?
また、サーバーが設置されている場所は国内に設置なされているのか、或いは海外のどの国に設置されているのかなどもチェッ