顎関節症の簡単体操

ご自宅で顎関節症の治療

パソコンでの姿勢 * 口が大きく開けられない(臨床的には4cm以下が異常と定義)
* 口を開ける際にガクガクしたり・・・
* 口を開ける時に痛みがある

顎関節症を発症しているかもしれません。
歯のかみ合わせがおかしいと感じたり、顎を開閉時に違和感を覚える方は異常を放置しないで下さい。

エゴスキューでは、筋肉のバランスが崩れた状態だと考えています。
>>> 詳細はコチラです。

顎関節症とは?

パソコンでの姿勢顎の痛みを訴えたり、口の開閉時に音がするといった症状を訴える方が増えています。
なぜ、顎関節症が増えているのでしょうか?

◆ やわらかい食べ物が多くなり、噛む力を必要としなくなり、 顎関節もそれ関連する筋肉も機能が低下していると考えられます。 日本人の明治、大正時代の写真を見ると、下顎のエラが張った角ばった顔が多いのに対して、 今日の子どもや若い方には、顎の華奢な細面の子供が多いようです。

即ち、カレーライスやハンバーグなど柔らかい食べ物を日常的に取ることによる 顎の機能低下の表れだと考えられます。

◆ パソコンの普及で長時間にわたり目と首と肩を酷使しています。
直立した時の体に対する頭の位置とパソコンで前のめりになってパソコンを打つ姿勢を比べて下さい。
重い頭を首が支えきれずに、顎が本来の機能以上に頑張って支えている結果が顎関節症に結びついています。
即ち、顎の筋肉が頑張り過ぎて異常を引き起こしている結果なのです。
この為、正しい本来の役割に戻してあげることが、エゴスキュー体操の役割です。
  >>> 詳細はコチラです。

顎関節症の原因と体操

@ ブラキシズム
顎関節症を引き起こす生活習慣 くいしばりや歯ぎしり、歯をカチカチならすな等のことをブラキシズムといいます。筋肉を緊張させて顎関節に過度の負担をかけ、ダメージを与えます。

A ストレス
仕事や家庭、人間関係などのストレス、その他精神的な緊張は、筋肉を緊張させてくいしばりを起したり夜間の歯ぎしりを起したりと、ブラキシズムに影響します。

顎関節症のエゴスキュー体操 B 偏咀嚼
左右どちらか一方でばかり噛む癖を偏咀嚼といい、片側だけに多くの負担をかけることになり、発症の原因になります。

C 顎や筋肉に負担をかける癖や習慣
うつ伏せ寝、頬杖をつく癖、あごの下に電話をはさむ、猫背の姿勢など

D 悪い噛み合わせ
噛みあわせについては様々論議があり、現在では多くの原因の中の一つと考えられ、偏咀嚼やブラキシズムの原因として関連していると言われています。 また、歯列矯正の不良や歯科治療が原因となって噛みあわせの悪さを招くこともあります。

E その他

ご自宅でできる簡単体操エゴスキューは、詳細をご覧下さい!


エゴスキュー体操が出来るのは?

エゴスキューは全国どこでも気軽に、簡単に行えます。

北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/
茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/
新潟県/富山県/石川県/福井県/山梨県/長野県/岐阜県/静岡県/
愛知県/三重県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/
鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/
高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県

Copyright (C) 2010 顎関節症の痛みに体操治療. All Rights Reserved. 無料 被リンク
リンク/a01/a02/a03/a04/a05/a06/a07/a08/a09/a10/a11/a12/a13/a14/a15/a16/a17/a18/a19/a20/a21/a22/a23/a24/運営者