・レンタルサーバー

ドメイン管理会社

独自ドメインを使いたい方は、ドメイン管理会社で取得しましょう。
あなたに代わってドメインを取得するサービスです。
適切にレンタルサーバー事業者を選びましょう。

ドメイン管理の仕組みは、どうなの?

全てのドメイン情報は「レジストリ」と呼ばれる機関のドメイン情報を管理するデータベースに記録されています。

このデータベース(DB)は、「VeriSign Global Registry Services」という組織が一手に管理していて、ドメイン名の登録は「レジストラ」と呼ばれる機関(数社ある会社)が行います。レジストラは、レジストリと契約を締結し、直接レジストリのデータベースに書き込む権限がある会社のことです。

レジストリは、SRS(Shared Registry System / 共有登録システム)というシステムをレジストラに対して提供しており、 レジストラはSRSを使用して、ドメイン情報をデータベースに直接書き込みます。 このようにして、レジストリ(ドメイン情報のデータベース)と、レジストラ(ドメイン名登録会社)の連携によって、ドメインは登録管理されています。

1998年までは、ドメイン名の登録は、Network Solutions Inc.という会社がレジストリとレジストラを兼業して独占で行っていた為、当時は、自分でドメイン名を申請しようと思うと、NSIに対して、英語で手続き書類を作成するなど、すべての手続きは英語で行う必要がありました。 このため、日本では申請代行を行う多くの「代理店」ができたわけです。

また、この他にドメインの取得代行を行う「代理店」と呼ばれる会社が数多くあり、この代理店は、レジストラに対して登録を依頼する手続きを単に代行するだけで、直接レジストリのデータベースを操作できません。

従って、登録には時間がかかりますし、代行手数料を取られる場合もあります。

レジストリ・レジストラ・代理店の関係図

代理店業務の多くは、レンタルサーバ会社などが提供サービスの1つとして行っています。

しかし今日では、NSIはレジストリとレジストラに分割されている為、国内にもレジストラが存在し、代理店を介すことなく手軽に日本語でドメインの取得が可能になっています。

こうしたことから、余計な代行料金を取られることなく、しかも日本語で手続きが出来るようになっていますので、国内のレジストラに直接申請手続きを行うことをお勧めいたします。

ドメインからレンタルサーバーまでの一元管理の奨め

お名前.comは、国内最大級の導入実績で、42万社『安心』と『信頼』の高品質レンタルサーバーサービスです。

GMOインターネットグループに属し、レンタルサーバーサービスは個人利用のお客様から法人のお客様まで、幅広い層からご支持を受けており、様々な高品質サービスです。ドメイン登録からレンタルサーバーまでのワンストップサービスでインターネット活用が楽に行えます。

サイトMENU

Copyright (C) 2009 超初心者のためのアフィリエイト向けレンタルサーバー比較. All Rights Reserved.