レンタルサーバー

レンタルサーバーの種類

レンタルサーバーには、専用サーバー、共用サーバー、仮想サーバー(バーチャルサーバー)、の3種類があります。この3種類の主な違いは、容量とページの表示速度と自由度の高さです。このページでは、この3種類のレンタルサーバーのサービスの違いと特徴について詳しく解説していきます。

共用レンタルサーバー

最もアフィリエーターが利用しているのが共用レンタルサーバーです。
共用レンタルサーバーとは、一つのサーバーを数十から、場合によっては数百人の利用者で共用するサービスです。

共用レンタルサーバーの注意事項

1つのサーバーをたくさんの人が共用する為、同じレンタルサーバーの他の利用者に迷惑をかけるような行為は、当然禁止されます。
例えば、CGIなどのプログラムの使用についてはサーバーに大きな負荷がかかる懸念があるので使用できないとか、極度にアクセス数の多いサイトは利用できないといった制約を設けることもあります。
また、サーバー利用者が共用して使うので、CGIに使うPerl、PHPなどの基本的な設定も利用者ごとに変更することはできないレンタルサーバーもあります。

サーバーの快適さをミ見極めるポイントは、サーバーマシンの性能とバックボーンの接続容量や1台のサーバーを何人の人で利用するかによって変化します。基本的に共用している人が多いほど、サーバーマシンの動作やサイトの表示は遅くなるので快適さは失われます。

共用レンタルサーバーのメリット・デメリット

共用レンタルサーバーは、専用サーバーや仮想サーバーに比べて維持費が低料金で済む メリットがあります。専用サーバーに比べれば、管理者の権限がない、表示速度が遅いなどはありますが、一般的にアフィリエーターが大きなデータなどを扱うこともないと思われるので、誰でも簡単にホームページを運営できる点から共用レンタルサーバーを利用しているわけです。

むしろ、共用レンタルサーバーは管理者が設定や維持を行なうために手間がかからないことが最大の特徴でしょう。ただ運悪く他の利用者の影響を受ける場合があるかも知れませんが、そんなに多くはないと思われます。不都合があればレンタルサーバー会社に掛け合えば十分対処できます。

仮想レンタルサーバー(バーチャルレンタルサーバー)

仮想レンタルサーバーとは、VPS(バーチャルプライベートサーバー)とも呼ばれます。共用レンタルサーバーと同じく、1台のサーバーマシンを複数の利用者で共用しますが、共用レンタルサーバーと異なり仮想的に独立したOSが各利用者にそれぞれ割り当てられています。

この為、共用レンタルサーバーでは利用出来ないソフトをインストールしたり、各利用者があたかもサーバーの管理者であるかのようにサーバーを利用できるのが大きな特徴です。

但し、仮想レンタルサーバーはこうした自由度が高まる分、共用レンタルサーバーに比べて費用は高くなります。価格が高めということもあり、サイトの表示速度が速いようですが、位置付けとして見ると、先の共用レンタルサーバーと下記に説明した専用レンタルサーバーの中間的サービスだといえます。

専用レンタルサーバー

専用レンタルサーバーとは、1台のサーバーマシンを丸ごと一利用者がレンタルするサービスです。サーバーにソフトを自由にインストールすることも出来ますし、他のサイトの影響を受けたりすることは全くないため、快適さと自由度は抜群です。
CGI、PHPなどのプログラムを多く活用したり、大きなデータベースを活用される方には向いています。

但し、一部レンタルサーバー業者が設定や運用管理をしてくれるところもありますが、基本的にはサーバーマシンやOSの選択、セキュリティー管理、その他色々なサーバーの環境設定を全て自身で行なう必要があるため、技術的な知識が必要な上に、サーバーを運営管理する能力が求められます。

ちなみに費用面でも3種類の中で最も高くなります。サーバーを再販する目的で自分で専用サーバーを借りてレンタルサービスを提供したり、それなりの規模の会社などのでサーバーの専門担当者がいて、大勢がサーバーを利用する場合など、専門知識のある事業向けサービスです。

サイトMENU

Copyright (C) 2009 超初心者のためのアフィリエイト向けレンタルサーバー比較. All Rights Reserved.